レディー

スッと高ければ横顔美人|隆鼻で外国人のような鼻になれる

理想の鼻筋になります

笑顔の婦人

ポピュラーな手術です

隆鼻術は、美容整形の代表格です。鼻の付け根を高くしたり、鼻筋を通す目的で行われます。隆鼻術では高い安全性が確立されています。また、隆鼻術には主にプロテーゼを使用します。これは、鼻筋を美しく整えるために欠かせないアイテムです。とはいえ、鼻には多くの筋肉が集まっているため、挿入したプロテーゼが次第にずれる心配を抱いている人も少なくありません。しかし、多くの美容整形クリニックでは、柔らかい素材の高分子プロテーゼを使用しています。そのため、いろいろな筋肉の動きにフィットするうえ、周辺の組織を傷つけません。また、プロテーゼは入れ替えも容易となっており、隆鼻術はプチ整形として施すこともできます。これは、鼻筋にヒアルロン酸やハイドロジェルを注入する方法です。手術時間はわずか5分程度なので、簡単に鼻を高くできます。ヒアルロン酸とハイドロジェルの違いは、効果が持続する期間の長さです。ヒアルロン酸は、数か月かけて少しずつ吸収されるので、定期的に注射をする必要があります。一方、ハイドロジェルは長くその場にとどまる性質を持ちます。そのため、何度も注射を打たなくて済みます。

見た目や手触りが自然です

美容整形における隆鼻術は、大きな進化を遂げています。上述のように、手術には既成の高分子プロテーゼを使用します。しかし、よりナチュラルな鼻に仕上げるために、他の素材を用いるケースもあります。それは、自身の軟骨です。耳の後ろの軟骨を少し切り取って、それを鼻の頭に移植します。軟骨を使用した隆鼻術の特徴は、自然な見た目と違和がない感触の鼻先になる点です。もちろん、患者の顔のバランスを見ながら、軟骨を適切な形状に加工して移植するため、思い通りの鼻先が実現します。もちろん、以前に挿入したプロテーゼを外して、軟骨の挿入に切り替えることも可能です。また、軟骨は移植した場所になじむ性質を持っています。よって、月日の経過で体内に吸収されたり、激しい運動や衝撃でずれる心配もありません。そのうえ、移植は鼻の穴からメスを入れるので、顔に傷が残りません。軟骨を採取した後に残る耳の後ろの傷は、ごく小さいゆえ目立ちません。さらに、美容整形では鼻全体のバランスを考えながら手術を進めます。そして適宜、鼻の穴や鼻柱の調整を行います。美しいノーズラインを実現できても、鼻の穴の大きさや鼻柱の高さが適切でないと、均整の取れた鼻になりません。そのため、予算に合わせてより良い鼻整形を提案しています。